2018年01月23日

オランジェット

熊本より、はっさくを送ってもらいました星2
 

DSC_0765-69209.JPG

なので、3分の2はそのまま食べて、残り皮だけはオランジェット、実と皮をジャムに。
本当に作るの大変なのですあせあせ(飛び散る汗)今左手が筋肉痛です手(パー)。お店で買うと高いのは訳がある。

@まず、皮の綿がものすごい苦味の為、一晩ふやかします。
A翌日は綿を包丁で取り除いて、更にギザギザスプーンで無くします。
Bオランジェットの形に切り、砂糖とヒタヒタの水で30分煮詰めます。
Cトレイに並べて翌日まで乾かします。
※途中でグラニュー糖をまぶす。

DSC_0776.JPG
D3日目になったら、溶かしたチョコレートを付けて、寒いところで冷やし固めて出来上がり。

DSC_0778.JPG
ジャムは、実と皮を仕分けし、皮は何度も湯でこぼして苦味を取って、実と砂糖と共に40分程煮詰めます。
瓶も煮沸して、ジャムが熱いうちにギリギリまで詰めたら、逆さまにして空気を抜いて密閉します。
こうすれば何ヵ月ももちます。

DSC_0774.JPG
両方ラッピングしたら、熊本に送り返します。

この作業が、真冬が来たなぁと思わせてくれます。
大変だけど、ワックス不使用な庭の八朔や夏みかんがあれば、是非キャラクター(万歳)

posted by Rie at 21:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: